ウェルスナビレビュー|運用実績からおすすめだと思った理由

ウェルスナビ(WealthNavi)

私は現在【ウェルスナビ】、【theo(THEO+docomo)】、【楽ラップ】の3つで運用しています!

その中でも現在はウェルスナビはおすすめと思っていますが、ここではそのウェルスナビ の私自身の運用実績、過去に例をみないような新型コロナウイルスでの影響で損失はどうだったのかなども包み隠さず紹介していきたいと思います!

ここではこういった内容のことを書いていきたいと思います。

記事内容

・ウェルスナビ運用実績|利益と損失の推移
・新型コロナウイルスの影響でどうなったのか!
・他のロボアドバイザーとの比較
・ウェルスナビがなぜおすすめなのか

ウェルスナビ運用実績|利益と損失の推移

やっぱり気になるのはウェルスナビで利益が出るのか、損失は出ないの?とかってことだと思います。

これが私の運用実績です。

2019年9月にスタートして順調に伸びています!

本当に順調です!

2020年9月末に100,000円でスタートして
2020年2月22日あたりには110,000円になっていた!
ということで約5カ月で10%のアップです!

このままいけばかなりいい感じで資産が増えていくなって思っていたんですが・・・

ただここから見てください!

大下落しています。そして、そこから損失がでてマイナスになってしまっています。

新型コロナウイルスの影響ですね!

新型コロナウイルスの影響でどうなったのか!

これ何かって言うと皆さんご存じの新型コロナウイルスの影響です!
過去に例を見ないような日本に大影響を及ぼしているあれですね!
現在でもまだまだ影響受けていますが、これで下がったわけです!

一番高かった110,000円から一番下がった時で2020年3月18日で83,236円まで下がりました!

私もいつかこういったことが起こると思っていたのでそんなに驚きはなかったのですが、タイミングがあまりよくないな!っていうのが本音です!

リーマンショック級とかそれ以上の出来事って10年に1度とか起こったりしているわけですけど、私がウェルスナビを始めて半年もたたずに来たわけです!

こればっかりはタイミングなのでわかりませんが、ちょっと運がないなと・・・

でもそこからです。

徐々に戻してきて一番戻したところで97,457円まで戻りました。

そして、2020年5月15日で95,203円となっています!

2020年8月18日現在108,155円に復活しています!

【theo(THEO+docomo)】、【楽ラップ】よりもいい感じで上昇していますね。

でもここでこれってみなさん知りたかったことだと思うんです!

・ウェルスナビなどロボアドバイザーで損失は出ないの?
・大きな何かリーマンショック見たいなことが起きたときどうなるの?

って!

もう新型コロナウイルスというリーマンショック以上と言われている出来事が起こったわけです!

株価も大幅に下がりましたし!

それでもこんな感じで推移しています!
現時点ではもう結構戻ってきていてますよね!
むしろ下がったときに追加投資か始めるっていうのも一つの方法ですね。

もちろんまだまだ影響が終わったわけではないので投資なので今後もどうなるのかはわかりませんが、だいぶ落ち着いては来ている状況ですね。

ただ、これだけではウェルスナビがおすすめかどうかってわからないと思います。

私は【ウェルスナビ】、【theo(THEO+docomo)】、【楽ラップ】の3つを並行して運用しています。

その別のロボアドバイザーと比較して思ったことです。

他のロボアドバイザー【ウェルスナビ・theo(THEO+docomo)、楽ラップ】との比較

ウェルスナビのような自分はなにもしなくて勝手に運用してくれるロボアドバイザーは他にもいろいろあります。

ウェルスナビ以外に有名なところではtheo(THEO+docomo)、楽ラップなどがあります。

そして、私はさらに分散投資ということでこのtheo(THEO+docomo)、楽ラップにも平行して運用しています。

まずはTHEO+docomoから紹介します。

theo(THEO+docomo)の場合は1万円から投資がスタートできるので調査という意味で1万円からスタートしてみました。

金額は少ないですけど、結局大事なのは%ですからそこで見てもらえればと思います。

で現在は-11.61%となっています。

次は楽ラップです。

楽ラップは100,000円からスタートして現在マイナス11,101円なので-11.10%となっています。

でこれをまとめると

ロボアドバイザー 損失
ウェルスナビ -4.80%
THEO+docomo -11.61%
楽ラップ -11.10%

※2020年5月15日時点

2020年8月18日時点では

ウェルスナビ 100,155(+8,155)
THEO+docomo 9,690(-310)
楽ラップ 95,153(-4,847)

となっています。

スタートした時点が違うので一概には言えませんがウェルスナビがずっと感覚がいいですね。

ただ、ここで注意点としてウェルスナビがいい感じに推移しているのは

ウェルスナビが早く始めていて利益を出していた

ウェルスナビが早く始めていて利益を出していたというのも理由にあります。
それを差し引いてもしっかり戻ってきてくれているというのが印象です。

そして、あと重要なのが

運用方針でも結果に違いが出てくる!
ということです。

これはどういうことかというとロボアドバイザーを始めるとき、「運用方針」というものを決めるんです。

ロボアドバイザーっていろいろなものに分散して投資するんですが、どれにどれくらいの割合投資するのかを程度決めるんです。

まずは無料診断ができるのでよかったら一度試してみてください。

ウェルスナビの場合はリスク許容度というもので私の場合は3/5です。

そして、その場合の分散投資はこんな感じです。

このリスク許容度をかえることで分散投資の比率も変わってきます。

たとえばリターンを大きく期待したいけどリスクも大きくなるような投資なら新興国株(VWO)の割合が増えるリスク許容度にするとかですね。

なのでこの設定でも損益の差がでてくるので一概には言えないということもあります。

そんな細かいことを言い出すと結局どれが良いのかわからないですけど、単純にウェルスナビの戻りがいいかなということです。

ウェルスナビがなぜおすすめなのかおすすめの理由

ウェルスナビが一番利益が伸びそう

上でも紹介した通り私自身のここまでの3つの大手のロボアドバイザーで一番損失も少ないし、今後利益の伸びが良さそう!というのがあります。

肌感覚でもいい感じだなと思っています。

手数料と分配金がわかりやすい

あと手数料とか分配金とかもわかりやすいです。

現在のところ分配金で手数料を補えているということがわかります。

なので私の投資の設定では現時点ではもし100,000円で投資をしていれば分配金があるので手数料が補えてちょっとプラスになるということが言えるのかなと思います。

大下落を経験して不安が解消されてきた

これはウェルスナビだけの話ではないですけど、今回新型コロナウイルスの影響で株価など大暴落したわけですよね。

やっぱり不安なのって、もしリーマンショック級の大下落が来たらどうなるのか?っていうところだと思うんです。

それが今回来たわけです。

リーマンショックどころではないとも言われていますね。

それで私もそれはいつか来るだろうと思っていましたし、それがまさかこんなに早くに来るとは思っていませんでした!

そして、初めは結構大きく下がりましたけど、ロボアドバイザーは金とかにも分散投資していて、リスク回避もできていますし、ウェルスナビは戻ってきています。

正直、これほどまでの世界的に大きな出来事ってなかなかないと思うんです。

それでこれですから不安は結構払拭されたのかなとか思ったりもします。

ただ、もちろんまだまだコロナの影響は続きますし、今度どうなっていくのかはわかりませんが、とりあえず今は以前よりは落ち着いているという感じですね。

まとめ

本当は個人的に言えば大下落したときに追加投資していたら良かったんですけど、それもなかなかできませんね。

いつ上がるのかわかりませんからね。

だから積み立て投資というのも一つなのかなと思いました。

一回だけ投資もできますが、積み立てもできますからそこはご自身で検討してみると良いと思います。

あとTHEO+docomoなんかは1万円から始められるのでちょっとお試し感覚でやってみても良いのかなと思います。

他は基本10万円からなのでTHEO+docomoで1万からどういった感じなのかなって試してみても良いかと思います。

私みたいにさらに分散投資という意味で併用するのも一つかと思います。

あと「ウェルスナビ」や「THEO+docomo」の口座開設方法などは私が実際に登録した流れをリアルに紹介しているのでこちらを見てもらえればと思います。

もしかしたら私が登録したときと若干流れが違うかもしれませんが、その場合は申し訳ありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました